9割の人が一瞬で効果を実感!理学療法士の「前屈した時に手が床につく方法」

前屈ストレッチで手が床につく 健康

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、リハビリBOZUです。

9割の人が一瞬で効果を実感!理学療法士の「前屈した時に手が床につく方法」
…今回はかなり刺激的なタイトルですね!
身体が硬いか、柔らかいかの簡単な判断基準、前屈。

この前屈が一瞬で柔らかくなるなら、ホント嬉しくないですか??

 

 

 

まずは前屈を試してみる

まずはとりあえず前屈ストレッチ、試してみましょう!
自分の柔らかさを知るために、普通に前屈してみてくださいね。

次に「前屈をして手が床につく方法」を試していきたいと思います。
(ごめんなさい、正確には柔軟性がアップする方法です)

・片手で豚鼻をしながら前屈する

「えっ!?」って思いましたよね!?
みなさんびっくりしたと思います。
とりあえず騙されたと思ってやって見てください。
ものは試し、普通の前屈と豚鼻での前屈をやっても10秒で済みます。

…そんな豚鼻といえば、

鼻

 

これですね。これをしながら、前屈です。(身体を倒す時も、豚鼻はし続けてくださいね)

前屈をしても床に手がつかない

 

 

 

ね!?前屈、柔らかくなったでしょ?
もともと床につくかどうかギリギリだった人は、床につくようになりましたよね?

人の身体って不思議なんです。

今までのリハビリBOZUの感覚でいけば、10人中9人はこれで身体が柔らかくなります。
(手を離せば元に戻ります。効果を持続させる方法は下へ)

豚鼻で前屈が柔らかくなる…
これの理屈、意味わからないですよね!?

一言で言うなら、「身体は繋がっている」から。
鼻から上に上がっていって、身体の後ろを通り、かかとまで着く一本の線を想像してみてください。
身体のつながりの線

で、指を使って豚鼻にすることで、鼻から頭にかかる線が、少しだけ緩みます。

このちょっと緩んだ分、本当にちょっとだけなんですが、これが前屈するときの大きな違いに変わります。
身体を前屈した時の抵抗が減ったので、柔軟性が大きく上がって床に手が着くようになったわけです。

細かい理屈は置いておきましょう。
とにかく前屈が柔らかくなった自分の変化、これを実感してください。

 

柔軟性アップの効果を持続させるには!?

いつも豚鼻にするわけにはいかない。

そらぁそうですよね。
身体を柔らかくするために豚鼻って…見てたらなんかアホみたいw

いつもやり続けるのは無理だから、意味のない方法…と思ってしまった方がいたかもしれません。

でも、これを上手く使って前屈ストレッチの効率を上げることが出来るんです。

理学療法の世界では、柔軟性には筋肉、関節包の二つが最も影響するって言われていて、次に皮膚もすごい大事。
(関節包:関節の膜みたいなイメージです)

関節の組織低効率

そして、前屈ストレッチをする時の場合は筋肉と皮膚が大きく影響していて、これらがバランスよく伸ばされていくのですが…

豚鼻をすることで、前屈ストレッチをしてるときの「皮膚」の影響を減らすことが出来るんですね。

それを言い換えたら、筋肉を集中して伸ばすことが出来るんです。
ストレッチは、伸ばすターゲットを明確に絞ることで効果を高めていくことが出来るので、こうやって筋肉を集中して伸ばすことが出来ると、すごく良い感じに柔軟性を高めていくことができます。

さて、冒頭で10人に9人はこれで前屈の柔軟性が上がると言いましたよね!?
1人は変わらないわけです。

この1人、どんな人かというと、よく笑っている人!
笑顔って顔の筋肉が緩むので、顔のお肌も緩んでくれます。
もともと緩んでいる人には、豚鼻でもっと緩ませようとしてもあまり効果が出ないのは当たり前。

ここから、みなさんの前屈柔軟性アップにつながる方法がわかります。

表情を固めないこと、眉間のシワを取ること。

試しに思い切っり爆笑してみてください。ワザと、大げさに爆笑です。
それをした後、身体の柔軟性が上がっているはずです(変わらない人は笑顔が足りませんw)

顔の表情が緩めば柔軟性があがって前屈が出来る!
なので、普段からリラックスして過ごせるようにしたいですね。

そしてもう一点。
ストレッチを頑張っている人にありがちなのですが、痛みが出るくらい頑張っているので顔がギチギチに固まってしまう人
もったいない…
顔が固まれば、身体は硬くなる。

そういったところからも、ストレッチを強い負荷でやり過ぎるとよくないと言われるわけです。
(痛みが出るほど強い負荷でストレッチをすると、筋肉もリラックスできずに緊張した状態になります。これがストレッチを強くし過ぎないようにすることのメインの理由です)

もう一度言いますが、
顔の力を抜きましょう!眉間に皺を寄せると、身体の後ろを通っている一本の線がどんどん緊張していきます。

逆に顔の筋肉を柔らかくしてほどいていくと、身体の後ろの線もそのまま解れていきます!

これが前屈の可動域を上げる柔軟性アップの秘訣!!!
柔らかい顔をすることで、柔らかい身体が作れます。

是非リラックスしながら日々を過ごして下さいね

 

 

 

と、いうことで今回の記事は「9割の人が一瞬で効果を実感!理学療法士の「前屈した時に手が床につく方法」 」でした!
今回の記事を見ていただいた方には
【知っておきたいストレッチの考え方】柔軟性は必ず上がります」もおすすめです。
ぜひ見てあげてください〜〜