ケアマネの選び方-訪問の理学療法士が考える方法-

選び方 介護

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

どうも、医療BOZUです。

今回はケアマネの選び方です。ケアマネを選ぶ…自分で使うサービスを選ぶってことなのですが、この業界は驚くほど情報を得る選択肢が少ないんです。
飲食店なら食べログがあるし、仕事を探すならタウンワークがある。

でも介護関係のサービスを探すなら何を見ればいい…?
ケアマネをどうやって探すのが正解なの…?

ハテナだらけです。なので今回は、しっかりとケアマネの選び方を書いていきたいと思います。

そもそも介護保険についてあまり詳しくないって方のために制度のことを記事にしたので、こちらも読んでみてください。
介護保険とは

 

ケアマネの能力には差があるの?

結論から行きますと、めーーーーちゃ差があります。
いや、ほんとめーーーーちゃ差があります。

ケアマネって、いわゆる介護のコーディネーター。
訪問介護士さんやデイサービス、訪問看護や訪問リハビリなどなど、いろんなサービスがある中で、介護が必要な人にどんなサービスが必要かを考え、当てはめていくわけです。

で、有能なケアマネさんは各サービスの内容をちゃんと知っていて、なおかつ地域でオススメの事業所とかも理解しています。
訪問領域でいけば、○○事業所の○○さんは脳卒中専門の病院で働いていたからそうゆう利用者さんを見るのが得意。同じ事業所の○○くんは在宅歴が長くて、利用者さんと接する対応能力が高いので、今回の依頼にフィットしてるな。

とか考えるわけです。

もちろんどのケアマネさんも、少しはこういったことを考えていますが…
やはり知っている範囲は全然違います。

そしてそして基本的なスタンスも気になります。
「利用者さんのために頑張れる人」と、「割とテキトーにやってしまう人」。そして「一生懸命だけどサービスのことをちゃんと知らない人」なんてのもいるわけです。

僕の専門でいけば理学療法。この理学療法と作業療法の違いをわかっていないケアマネさんって意外と多い。そして言語聴覚士がなんなのかわかっていない人も多い。

良くあるケースでは、「状態があまり良くない」からリハビリを辞めるように言われることがあります。
例えば呼吸状態が悪い方には、呼吸リハビリというものがあります。
例えば床ずれがひどい方には、ポジショニングの指導が出来ます。
例えば痛みがひどい人には、痛みの緩和のためのリハビリが出来ます。

これをちゃんとわかっているケアマネさんと、そうじゃないケアマネさんでは対応が全く変わってしまうわけです。(ただし、リハビリ側に問題があるケースもたくさんあります。質の低いリハビリをみたケアマネさんがそのイメージを引きずってしまったり)

能力に差がある、知識に差があるから、ケアマネの選び方を知ることは大切になります。

なんでケアマネの質にそんなに差があるの?

まずはケアマネさん、ものすごく忙しいです。
担当する利用者さんの数が多いと、問い合わせもたくさんあったり、いろんなトラブルがあったり…
サービスの内容が変わると、その度にプランを組み替えないといけない…
そして制度が数年単位で変わるので、その情報をちゃんと調べておかないといけない。

などなど、やることがたくさんあるので、その中で要領よくやれる人と、そうでない人が出るのはある意味当然です。

ケアマネ試験の合格率の推移

ケアマネ制度ができたのは、2000年の介護保険法の施行と同時期。

この介護保険法、2000年4月にはじめて介護保険法が施行されたとき、厚生省(現厚生労働省)の担当者自身が「走りながら考える」と言ったぐらい、問題山積みの見切り発車で始まったんです。
(でも、そうしないと進まなかったんだと思います。致し方ないと思います。厚労省の方、とっても賢い方々なので…)

そんな介護保険の中のケアマネ、試験の合格率の推移は

ケアマネ合格率の推移

こんな感じです。
意外とハードルが高い!!
…と、思いますよね。

でもでも、平成20年くらい(記憶が曖昧ですいません)前にケアマネ試験に受かった人が

「過去問数回やったら普通に受かったよ」

と言ってました。
そして一番初期の頃のケアマネさんからは

「私らの時代はちょっと勉強したら、もうあとは名前書いたら受かるぐらいだったよ」

と、言う人も。

もちろんある程度盛られて話をしている可能性はありますが、この合格率を鵜呑みにして難しい試験と思ってはいけないようです。(ここ最近はようやくハードルが上がってきたみたいですが)
記念受験レベルの人でもケアマネ試験に受かる人がたくさん出てしまっていたんですね。

何が言いたいかと言うと、コーディネーターって一番スキルの必要な仕事なわけです。
この試験のハードルが低かった時期に、なんとなく受かってしまったケアマネさんはやっぱり微妙。
介護保険の制度はコロコロ変わっているので、勉強を辞めてしまったら制度に追いつけない。
そうすると、コーディネーターとしての役割が全然上手くいかないんですね。

実際に能力の低いケアマネっているのか

大手の介護関連サービスでは質の低いケアマネと付き合うのを嫌がって、自前でケアマネを育てているところがあります。

また国も主任ケアマネがいない事業所を廃止するようにしました。
(今までは、一人ケアマネといって職場に一人しかいないところがたくさんありました。その事業所では情報が閉鎖的になってさらに質が低い人が生まれがちになってしまいます。主任ケアマネというケアマネの上位資格を必須にすることで、質の低いケアマネ事業所の廃止を狙っているんだと思います。今は制度の移行期で猶予期間中)

というか、医療BOZUもちょっとこのケアマネさんは…という人をたくさん見てきました。

能力の高いケアマネはいるの?

ただただちゃんと言っておかないといけないことは、能力の高い、そして熱心なケアマネさんもたくさんいます!
ぼくの働く訪問看護事業所では、毎月ケアマネさんや地域の事業所との勉強会を開いているのですが、いつもたくさんのケアマネさんが参加してくれています。一人ケアマネの事業所だからと意識的に勉強会に参加されている方もいます。
仕事後の時間なのに、素晴らしいですね。

一般的なケアマネの探し方

ネット検索で
「居宅介護 あなたの住む地域」や「地域包括支援センター あなたの住む地域」で検索してみてください。例えば「居宅介護 三軒茶屋」などですね。
ちなみに「介護DB」といったまとめサイトで事業所を探すのもありですね。

もしくは今病院に通っているなら、「地域医療連携室」やそれに似た名前の部署に行ってみましょう。
それがわからなければ、受付で「ケアマネさんかソーシャルワーカーさんに相談したいことがあるんですが…」と声をかければ、対応してもらえます。
(病院ではソーシャルワーカーという資格を持つ人がいます。ケアマネとは違う資格ですが、そこに相談すれば在宅のサービスへと繋がっていくので大丈夫です)

追記:ケアマネの調べ方について、元ケアマネの方からコメントをいただきました。非常に参考になったので、皆さんにも共有したいと思います。

—————————————————————————————————-

ケアマネ情報についてですが、「介護サービス情報公表システム」も私はオススメします。厚労省が運営しており、ケアマネ達もよく使っているシステムで、居宅に限らず各サービス事業所の情報が載っています。年一回は情報更新しなければいけず、少し見にくいですが経験年数や基礎資格、退職者数等も載っています。

—————————————————————————————————-

 

ケアマネの選び方のポイント

さて今回のテーマである「ケアマネを選ぶポイント」。

このポイントですが、まぁなかなか難しい。
ネットを見ても比較は難しく、口コミに頼ろうとしても基本的に一人のケアマネさんとしか関わったことのない人が多いから情報は広まりにくい。

もしもケアマネと関わる人たち(例えば訪問看護師や在宅の医師、その他デイサービスの管理者など)が知り合いであれば、その地域のケアマネ情報をしっかり持っているので聞くことが出来ます。

ただそんな繋がりがある人は稀かもしれないですよね…
現時点で、最初から良いケアマネを探す方法って決定的なものはない気がします。
ただし、一度ケアマネさんに担当してもらったあとであれば、考えれることが色々と増えていきます。

最初がもしダメなケアマネさんや相性があまり良くないケアマネさんだったとしても、担当を変更してもらえば良いわけです。

ここで大事なことは、ケアマネの能力や熱心さにはかなり差があるというのを知ること。
それを頭の中に入れておけば、担当変更ということも頭に入れておくことが出来ます。

ケアマネを選ぶポイントは、良くないケアマネの特徴を知り、その人に当たってしまった場合は担当を変更する

ということで、能力の低い人や熱心でない人の特徴を把握しておきましょう。
そして「よくないケアマネ」と判断すれば、ケアマネさんは変更できます。

良くないケアマネの特徴と担当を変えた方が良いのは

  • 頑固で話が通じない
  • あなたや親(サービスを受ける人)との相性が悪い
  • 介護のことを相談したいのになかなか都合が合わない

などですね。そして、気をつけた方が良いのが

  • 一人ケアマネの事業所

です。事業所に一人しかケアマネがいない場合、その人が自由に仕事をやっているのでシステム化されていなかったり、その人しかいないので何かあった時のフォロー体制が甘いです。

そして先にも述べた通り、主任ケアマネがいない事業所は廃止することが決まりました。
一人ケアマネの事業所では、もしその人が主任ケアマネを持っていなければ、資格を取るか、体制が大きく変わるか、廃止になるわけです。
(主任ケアマネを持っていないケースはかなり多いです。そして元ケアマネの方曰く、主任ケアマネを持っていても優秀とは限らないとのことです。)

良い方向に変わるなら良いですが、廃止の可能性もある…廃止になればまた新しく探さないといけないのでちょっと大変ですね。
(事業所で一人頑張っているケアマネさん、本当にごめんなさい…)

ケアマネを本当に変えるべきかどうか判断するには?

ケアマネさんに担当してもらっているということは、何らかのサービスを使っているはずです。
訪問の医師や看護、リハビリに介護…デイサービスなどなど、いろいろいると思います。
その人たちに聞いてみてください。

地域で一番ケアマネさんの情報を持っているのは私たちサービス提供者側。

ケアマネは仕事を私たちに振る側なわけで、中にはかなりめんどくさい人もいます。
我々は仕事を受ける側なので我慢しながらやっているのですが、「利用者さんのためには絶対こうした方がいいのに!」と思うことがあり、それを言ったとしても、ケアマネと意見が違う場合には向こうを尊重せざるを得ない。(こちらは仕事をもらう側なので)

サービス提供者側の人に聞いてもらえれば、他のケアマネと比較した上で、変えるべきかどうか答えることが出来ますよ。
加えてその利用者さんのことも知っているので、能力だけでなく相性が合うかどうかも考えることが出来ます。

ケアマネを選ぶのが難しいので、「選べる人に託す」がケアマネを選ぶポイントになります。

 

と、いうことで今回の記事は「ケアマネの選び方-訪問の理学療法士が思う方法- 」でした!
最後まで読んでくれた方には、「介護保険の認定に不満があるときはどうする?認定のやり直し・再申請とかは出来るの?」もおすすめです。

次回の記事も、ぜひ見てあげてください〜〜
(今回の記事では全く触れていませんが、ある意味ケアマネさんを育てるのは僕らサービス提供者側の仕事だったりもします。質が低いと嘆く人が多いですが、その中で出来ることを考えていきたいですね)