医療・健康の論文情報を調べる良質WEBサイトまとめ

アイディア 医療

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

医療や健康の情報って、ネットでみても不確かって言われますよね。
「じゃあどうやって調べたらいいの?」ってなりますが、

  • 発信者が誰かを確認する
  • 反論情報も調べてみる
  • 情報元のエビデンスレベルを調べる
  • いつ出た情報かを確認する

などなどが大事と言われます。このあたりの情報は
健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方
という本で詳しく書かれています。

今回は、医療者じゃなくても、専門用語だらけだったとしても自分で論文を調べたい人っていますよね?今回はそんな自分で論文を探したい人のための記事です。ということで、ネットで公開されている論文サイトをまとめました。
(医療者の方はコクランの存在はきちんと知っておくべきです)

 

コクランライブラリー(cochranelibrary)

コクランと呼ばれる英語の論文検索サイトです。
http://www.cochranelibrary.com/

論文検索サービスのコクラン

ここに出ている情報の信頼性はすごく高いです。世界的にみて、きちっとした研究方法で、きちっとしたデータが出たものをまとめている論文のまとめサイトのイメージ。ここの情報に関しては基本的に信じて大丈夫。(エビデンスレベルという概念があり、コクランはその最上級のものを扱っています)

ただし全部英語…英語がわかる人でも、医学用語が英語で出てくるので単語が大変です。そしてほとんど外国人の身体での研究なので、身体の作りが違う日本人とフィットしない可能性もあることは頭に入れておきたいです。

パブメド(PubMed)

パブメドと呼ばれる論文検索サイトです。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/

論文検索サービスのパブメド

先程のコクランは、最上級の信頼度を保つために、たくさんの論文を集めてデータを取る必要があります。言い換えたら、細かい研究や、最近出てきたような話を調べてもなかなかヒットしません。このパブメドなら、海外の小さな研究含めてたくさんの論文を見つけることができます
こちらも英語論文で、外国人の身体で調べてあるケースがほとんどです。日本人にフィットするかはわからない面があることを頭の片隅に…

 

Mindsガイドラインライブラリ

Mindsガイドラインライブラリと呼ばれる医療情報を扱うサイトです。
https://minds.jcqhc.or.jp/

医療情報検索のMindsガイドライン

これは日本のもの。厚生労働省委託事業として、日本医療機能評価機構が運営しているウェブサイトです。日本で公開された診療ガイドラインを収集し、掲載しています。一般の方向けの解説が充実していて、診療ガイドライン利用者・作成者向け情報等の提供も行っています。

国が運営している分、質の高い情報を見つけることができます。ただし、ここも情報が固まってきたものが中心になるので比較的細かい研究や、新しい研究を探すのは不向きかもしれません。

 

J-STAGE

J-STAGEと呼ばれる論文検索サイトです。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja

論文検索サービスのJ-STAGE

J-STAGEは「科学技術情報発信・流通総合システム」と呼ばれ、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) が構築した日本の科学技術情報の電子ジャーナル出版を推進するプラットフォーム。

日本のリハビリに関する論文が結構載っています。リハビリに関しての論文って、その特性からしっかりデータを集めたものだけじゃなくて、細かい技術よりの要素も結構入ってきます。僕は有料の論文検索サービスのアカウントを持っているのでそれで見ますが、一般の人が論文を調べたいと思ったらこれで十分かと思います。

 

有料の論文検索サービス

こちらは有料サービス。もちろん有料なので、小さな研究から変わったテーマの論文など色々調べることが出来ます。

医中誌

http://www.jamas.or.jp/index.html

月間2000円で合計8時間論文を閲覧できます。
もしくは月間4000円で20時間。

メディカルオンライン

http://www.medicalonline.jp/

料金体型が微妙な面がありますが…リハビリ系の論文は一番探しやすい印象があります。大学時代は法人会員だったので、一番よく利用していました。
月額¥1,000(税別)でアブストラクト(要旨)が見放題の基本料金コースと、アブストラクト1件¥100(税別)の従量制コースがあります。個人会員の場合、論文全文をダウンロードするには別途お金がかかるので、細かく研究内容を知りたい方には向かないかもしれません。

 

その他の論文の調べ方

ガイドラインを調べる

自分の気になるキーワードと、ガイドラインを組み合わせて検索すると色々出てきます。
「腰痛 ガイドライン」とかですね。

ガイドラインは基本的にいろんな論文をまとめて作られているので、信用度が高い情報が出てきます。

みたいなメジャーなものから

みたいなちょっと細かいものまで見つけれたりします。そして、この検索ワードで出てきた一般のネット情報はガイドラインを参考にして書かれているケースが多いので、それをみるのもありだと思っています。

キーワードプラスPDF

先ほどのガイドラインは、結構なボリュームになってくるので少し読むのが大変…という方にオススメ。比較的調べやすい方法です。

例えば「腰痛 PDF」で検索してみてください。

これで検索すると、論文がいくつか出てきましたね。もちろん専門的なものが多いですが、中には専門家が一般向けに作った資料とかも出てきますよ。

 

 


今の医療・健康情報は、良い情報と悪い情報が混在しています。
良い情報を見つけれるようにしたいですね。

 

と、いうことで今回の記事は
「医療・健康の論文情報を調べる良質WEBサイトまとめ 」でした!
コメント、違った意見、質問など大歓迎です。お気軽にどうぞ。

今回の記事を見ていただいた方には
【読書レビュー】医療4.0という本を読みました」もおすすめです。
ぜひ見てあげてください〜〜